精神病診断はとっても簡単【まずは病院で医師と話をしてみましょう】

笑顔の女性

心の病気の向かい合い方

病院

精神病という病気は、医師によって診断が大きく異なります。患者にとって大切なことは、病名よりも、いかに適正に治療を進めてくれるかです。しかし、精神科の世界の閉鎖的な環境は、セカンドオピニオンも制限しています。そこで、精神病に苦しむ人を救う目的で、新たに精神科のランキングサイトが始まりました。

詳細を確認する

心身共に健康になる

女性

精神病は、現在がん、脳卒中、心臓病、糖尿病の「4大疾病」に加えて「5大疾病」となっています。これは、社会不安の広がりと精神病の認識度が高くなってことが精神病患者増加の原因と考えられています。正しい診断をしてもらうために、自身の症状について詳しく話すことが大切です。

詳細を確認する

病気の症状

カウンセリング

精神病か否かを自己診断する場合には、サイトの疑似体験サービスなどを利用すると便利です。このようなサービスでは、精神病に罹患した時に起こる症状をバーチャルな世界で体験することが出来ます。精神病は他の病気と症状が区別しにくいことがあるため、慎重な診断が必要です。

詳細を確認する

客観的な基準はありません

医療

診断を必ず行おう

現在、我が国の精神科ではアメリカ精神医学会が定めた診断基準DSM-Vに基づいて精神病の診断を行っているとされています。近年では精神病の中に統合失調症やうつ病などの気分障害に加え、認知症や神経症、発達障害なども含まれるようになりました。しかし、大半の病気は本人の主訴によって精神病の診断を行うとされています。特定の体内成分の基準値によって診断される訳ではないため、どうしても精神病は正確な診断が難しいのが現状です。それが故にその人に合った薬を処方することも難しくなっています。現に発達障害の人が統合失調症と間違えられることもよくあるケースとなっています。そのため、より適切な治療を受けるには本人だけでなく、家族等も診察に同行し、他者から見た本人の状態を説明すること、時にセカンドオピニオンを仰ぐために他の医療機関にも通ってみることが大切となります。また、薬が合わない場合は自己判断で中断してはいけません。必ず医師にその旨を伝えた上で適切な薬に変更してもらう必要があります。

精神病の種類

精神病の範疇はどんどん広がっていっています。例えば、発達障害はかつて精神病の中に入ることはありませんでしたが、近年では精神科もその診断を扱うようになりました。したがって、精神病の範疇が広がったことから、それに伴い精神病の患者も増えています。今後もその範疇が広がることが考えられることから、患者数も増えていくことが考えられます。診断基準もどんどん変わっていっています。しかし、精神病の診断条件が厳しくなることさえ現にあり得ます。そういった場合は精神病と診断される人が少なくなることから、患者数も少なくなる可能性さえあります。このように、明確な成分数値による基準がないことから人為的に精神病患者を多くすることも少なくすることもできることが言えます。しかし、大抵の場合は病気によって生活に支障が出ているため、精神病の診断の幅を狭めることは考えにくいことが言えます。大半はその症状によって生活に支障が出ているか否かが大切な精神病の診断ポイントとなっています。

難しい分野なのです

診察室

精神病は診断が難しい分野で、専門家でも診断を誤ることがあります。不調を感じたら、医療機関を受診する前にセルフチェックをしてみましょう。簡単に目安をつけることができます。心配しすぎず、充分な休養を摂ることが改善につながります。

詳細を確認する

心の病も科学的に進歩

悩む女性

精神病など心の病の診断には精神科医が患者と対話を行い病気を特定させるのが一般的でしたが最近の技術で脳をスキャンすることで脳の傷つき方などを参考に病名の予測を建てられるようになっています。そのため短期間で的確な治療をすることができるのです。

詳細を確認する