精神病診断はとっても簡単【まずは病院で医師と話をしてみましょう】

中年女性

心の病も科学的に進歩

悩む女性

脳スキャンで予測を立てる

今までは精神病の診断の方法は精神科医が患者と対話をすることによって診断してきました。脳の状態がどのようになっているのか機械的な診断ではなくあくまでも患者が発することがや心境を手探りして病気の要因を探ってきました。しかし患者の発する言葉からすべ手を診断することは難しいのが事実であり、精神病患者の診察はほかの病気と比較して遅れていたのです。しかし最近になり、脳の診断は科学的に行えるようになってきました。その一つが脳スキャンです。脳スキャンは、脳をスキャンすることで以上を発見することです。物理的に脳に損傷を受けるような場合であればともかく、外的要因は何もなくても脳は傷つくことを発見したのです。うつ病をはじめとしてアルツハイマーや、認知症、てんかんやADHDなどの精神病における診断技術が一歩向上しました。心の病と言われてきた精神病も、今や当たらな治療法の発見により確実な要因を分析できるようになり、的確な治療を施せることで短期間で治療できるように変貌しています。

心の病の脳の特徴

例えばトラウマなどですが、昔の経験などから何かの行動に影響を与える心の病の一種ですが、トラウマ患者の脳は正常な場合の脳と比較して明らかに異なっている部分があります。健康な脳は、基本的に後頭部が高活動になるのが一般的です。しかし、トラウマ患者の脳は基本的に脳の前部分が活発になりすぎている場合が多いのです。脳卒中や公梗塞などで脳自体が傷つくのと同じようにトラウマ患者の脳もスキャンしてみた結果、傷ついているのです。強迫性障害もトラウマと似たような症状ですが、この場合においても脳の前部分が活発的になっており、自分で自分のことを自制することができない状態になっています。臨床医学の結果、同じ患者の脳が似たような状態になっていることから、その病名まで診断で切るようになっているのです。そのため、精神科医も患者との対話で何の心の病か手探りで探す必要もなく、ある程度の予想をスキャンの結果を参考にしながら、過去や環境の改善を行うように努めることに専念できる効果があります。